全身脱毛を検討中の方向けに新宿の脱毛サロンを徹底調査!脱毛効果、料金プラン、予約の取りやすさ、カウンセリングなど口コミ評判を元にランキングしましたので参考にしてください。

ムダ毛が濃くなる原因と対策

自己処理によって毛が濃くなるのか

投稿日:

ムダ毛の自己処理方法にはカミソリ、毛抜き、除毛クリーム、脱毛機などいろいろとあります。

1番低価格で簡単に使用できるという理由から、カミソリや毛抜きで処理している方は多いのではないでしょうか。

しかし、自己処理で毛が濃くなるという噂もあります。

カミソリを使うと毛が濃くなるのか

カミソリを使っていると「処理を繰り返しいているうちに毛が濃くなった」と感じている方がたくさんいます。

雑誌でムダ毛に関しての特集をよく見かけますが、自己処理で毛が濃くなったという悩みがよく載っています。

それに対しての回答は「毛の切断面が広いので毛が太くなったように見える」というものです。

つまり、毛は先が細くなっていて根元は太い円錐状のような形をしているので、太いところを切断するため毛が濃くなったように見えるという意味なのです。

今ある毛を自然に抜け落ちるまで伸ばすと、新たに生えてくる毛は先が細い自然の状態で生えてきます。その毛は、自己処理する前の本来の太さになるということです。

医学的な面から見ても、毛が濃くなるということはないと言われています。

しかし実際に毛が濃くなったと感じている方は多く、疑問に感じている方が多いのも事実です。

他に「毛が増えた」というお悩みをよく聞きます。しかし、急に毛穴の数が増えるといったことはありません。

太い毛が目立つので気になりませんが、よく見ると自己処理したいと思っている毛1本の隣には、薄いうぶ毛が生えていることがあります。このふわふわとした薄いうぶ毛がカミソリで切断されて太く見えるようになってしまったため、毛が増えたと感じてしまうのです。

そのため、毛が太くなり毛量も増えて毛が濃くなったと感じてしまうことになります。

毛抜きによるダメージとは

カミソリよりも毛が生えてくるまでのきれいな期間が長く、肌荒れもしないという理由で、毛抜きで処理をしている方も多いです。

しかし、毛抜きで毛を抜くという行為が大変危険なことだと知っていますか?

毛の根元の毛乳頭にダメージを与えますし、ばい菌が毛穴から入り炎症することもあります。

その中でも1番ショックなのは、毛が太くなるということです。

毛抜きを使って処理していたら毛が生えなくなったという話もありますが、それは毛抜きで無理やり抜くことによるダメージで毛周期がおかしくなっているだけなのです。

毛は肌表面から見えている成長期と退行期、肌表面に見えていない休止期という期間があります。

毛はどんどん伸びていく成長期をすぎると、もうすぐ毛が抜けるという退行期になります。

抜け落ちた後は休止期です。休止期は毛が見えませんが、毛穴の奥で少しづつ成長を始めている期間です。

見えない毛穴の奥で新しい毛が作り出される前に、生えている成長期の毛を抜いてしまうと、新しい毛が生えてくるまでに時間がかかります。
しかし新しい毛は必ず生えてきますし、それだけでなく毛は太くなって生えてきてしまいます。

生えていた毛を無理やり抜いたことで毛穴は広がっていますので、新しい毛はその毛穴の大きさに合わせて生えてきてしまうのです。

これは、ムダ毛に悩んでいる人にとって大変怖いことです。毛抜きは絶対にやめましょう。

いかがでしたか?「自己処理によって毛が濃くなるのか」について解説しましたが、自己処理だと肌トラブルの原因にもなりますし、脱毛した方が肌も綺麗になるので一石二鳥です。

新宿でおすすめの脱毛サロンはこちら

-ムダ毛が濃くなる原因と対策

Copyright© 新宿で全身脱毛!安くて効果の高い脱毛サロンおすすめランキング2017 , 2017 All Rights Reserved.