全身脱毛を検討中の方向けに新宿の脱毛サロンを徹底調査!脱毛効果、料金プラン、予約の取りやすさ、カウンセリングなど口コミ評判を元にランキングしましたので参考にしてください。

ムダ毛が濃くなる原因と対策

生活習慣や妊娠などによって、毛が濃くなるのか?

投稿日:

生活習慣や妊娠などによって、毛が濃くなったり、脱毛したのに再び毛が生えてくることがある。

これは、ホルモンバランスに関係して起こる現象です。

年齢によってホルモンバランスが変化し、あごに濃い毛が生えてきたという話もあります。

しかし、加齢によるホルモンバランスの変化の他に、不規則な生活習慣によってホルモンバランスが変化することを知っていますか?

不規則な生活習慣が毛を濃くする

睡眠不足食生活の乱れ仕事のストレスや、喫煙など、さまざまな要因がありますが、これらはホルモンバランスの乱れにつながります。

現代の女性は忙しいです。

男性と一緒になって働き、結婚すると家事や育児もあります。やりがいのある仕事が好きな方も多いですし、家庭も大事にしたいという思いからがんばりすぎたりしてしまう方も多いです。

いくら好きなことをやっていたとしても、ストレスはどんどん高くなるものなのです。

そのストレスを癒す必要があるからなのか、現代の喫煙者は女性の方も多いです。

男性の喫煙者は減る一方で、女性の喫煙者の数は変わりません。しかし女性は喫煙することで、男性よりもさまざまなリスクがあります。
肌荒れやくすみ、妊娠出産への影響、子宮がんのリスク、骨粗しょう症などです。これらにはホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。

喫煙には、それだけでなく自律神経の乱れも引き起こしてしまうリスクの大きいものです。

喫煙は、絶対にやめましょう。

ダイエットによる食生活の乱れも、ホルモンバランスに大きな影響を及ぼします。
食べることが人間を作っている、食べることがいかに大事なのかを考えることが大切です。

これらのことによってホルモンバランスは大きく乱れます。
そうすると女性ホルモンの働きが弱くなり、男性ホルモンの影響が多く出てしまうと言われています。
結果、毛が濃くなってしまうのです。

妊娠中や生理中に、毛は濃くなります

妊娠中や生理中も気をつけなければいけません。

ホルモンバランスで毛が濃くなりますが、これは元に戻るので心配しなくても大丈夫でしょう。しかし、敏感になっているこの時期に自己処理をしてしまうと、大きな肌トラブルや毛穴の炎症を起こしてしまったりします。

そうなると、出産後も毛の濃さが元に戻らなかったということにもなりかねません。妊娠中や生理中は、絶対に自己処理をしてはいけません。

しかし、そんな時期でもムダ毛は気になるものです。

不規則な生活習慣も、忙しくてはなかなか改善できないでしょう。すでに毛が濃くなってしまい、肌荒れなどで自己処理もうまくできなくなってしまった方もいます。

そんな方には、脱毛サロンがおすすめです。

-ムダ毛が濃くなる原因と対策

執筆者:

関連記事

no image

自己処理によって毛が濃くなるのか

ムダ毛の自己処理方法にはカミソリ、毛抜き、除毛クリーム、脱毛機などいろいろとあり …